59042From December 2014
 

警報発令時の対応について

平成28年度 養老小学校                     

       警報発令時の児童の登校について

「特別警報」「暴風警報」「大雨警報」「洪水警報」「大雪警報」

発令中は、自宅待機

警報発令や解除の時刻

警報発令時の対応の仕方

○ 6:00より前

に解除

いつもどおり登校する

※ 家屋や樹木の倒壊等で危険な場合や自家の被害が著しい場合は、保護者の判断で登校させない。

(その際は、学校に連絡を入れる。)

○ 6:00の時点

警報が発令されている場合

解除まで家庭で待機  

原則として学校からは待機の連絡はしない

○ 6:00~

9:00まで

に解除

解除されてから、2時間後をめどに授業を開始する 

簡易給食あり

※ 各地区集合場所への集合時刻、バスの臨時運行時刻、については、「すぐメール」で連絡します。

※ 家屋や樹木の倒壊等で危険な場合や自家の被害が著しい場合は、保護者の判断で登校させない。

(その際は、学校に連絡を入れる。)

○ 9:00~

11:00まで

に解除

午後1時までに登校し5時限目より授業を開始する 

給食なし

※ 各地区集合場所への集合時刻、バスの臨時運行時刻、については、「すぐメール」で連絡します。

※ 家屋や樹木の倒壊等で危険な場合や自家の被害が著しい場合は、保護者の判断で登校させない。

(その際は、学校に連絡を入れる。)

○ 11:00以降

に解除

学校は、休校になる

 

【留意事項】

1.   児童登校後、警報が発令された、あるいは発令される恐れが大きい時、安全に帰宅できると判断した場合は、非常時下校とし、「すぐメール」でお知らせをします。そして、授業を中止して、職員が通学路の安全確認をしてから引率して、下校させます。

2.   帰宅が困難であると判断した場合は、学校内の最も安全な場所で待機し、保護者への引渡しとします。その際、「すぐメール」でお知らせします。

メールや電話を使用して保護者の方と連絡が取れないような非常変災発生時は、児童は、学校待機とし、保護者の方のお迎えを待つことを原則とします。